象村の職人による手作り象のアップサイクルノートとスリン県観光推進協会・象村からの御礼動画

象村の職人による手作り象のアップサイクルノートとスリン県観光推進協会・象村からの御礼動画
スリン県の象村では、象達との持続可能な生活を進めていくために、象達のうんちの加工にも力を入れています。堆肥作りはもちろんのこと、象村の中にあるタイ王国動物園機構の「スリン・エレファント・キングダム」では、象のうんちのを利用した紙漉き工房があります。象は草食動物で餌のほとんどがたくさんの繊維を含む草やフルーツです。うんちをきれいに洗い、煮出し、殺菌しているので匂いは全く気になりません。象のうんちペーパーを表紙と裏表紙にしているノートをご用意。スリン県観光推進協会・象村からの御礼動画もセットです。
ご提供予定時期:申し込みから1ヶ月以内発送予定
残り販売数
83
¥5,500 5500 JPY (税込/送料込)
支援終了

このリターンについて

  • お届け内容

  • ・象のうんちペーパーを表紙と裏表紙にしているノート一冊
    ・スリン県観光推進協会・象村より御礼動画(動画のURLをメールで送付いたします)

    *重さ:310g
    *サイズ:20×14cm(約A5サイズと同様です)
    *素材:象のうんち、紙
    *一つ一つ手作りのため、色や大きさが写真と異なることがあります。暖色・寒色の2種類選択可。(下の写真は寒色です)
    *発送は日本国内のみとなります
  • スリン・エレファント・キングダムについて

  • スリン県の象村では、象達との持続可能な生活を進めていくために、様々な団体が活動しています。その一つがタイ王国動物園機構が象村地域で運営している「スリン・エレファント・キングダム」です。

    出稼ぎに出る象達はタイでも問題しされており、スリン・エレファント・キングダムは、出稼ぎ象の保護、象や象使い達が出稼ぎに出ずにスリン県で暮らせるようにサポートを行っており、現在200頭以上の象が登録されています。

    地域内には象の病院があり健康面のサポートはもちろん、象と象使い達の経済的なサポートを行うため、象の餌を植えるための畑の提供や加工品開発などの支援も行っています。
  • ここでは、象達のうんちの活用にも力を入れています。大人の象が1日に出すうんちの量は約30キロ。支援している200頭以上の象からは1日6,000キロ以上のうんちが出ます。堆肥作りやガスへの加工の他、「スリン・エレファント・キングダム」には、象のうんちのを利用した紙漉き工房もあります。

    地域の方が雇用され、象のうんちを集め、煮出してきれいにする作業、精練、染色、紙漉き、製品加工など全ての作業が手作業で行われており、象村を訪れた観光客向けに販売されています。また、地元の子ども達や観光客の方向けに、紙漉き体験や加工品作り体験も提供しています。

    こちらで作られた商品を購入することも、象村に住む象達の支援の一つになっています。
  • 関税について

  • 場合によっては、一万円以上のものを海外から日本へ商品を輸入すると、輸入品に課される税として「関税」が課税されることがあります。

このプロジェクトの他のリターン

コロナ禍で失業したタイの象達を守るために象と人が幸せに共存できる新たな観光の形をスリン県で作りたい!

JTBタイランドとスリン県観光推進協会が、象の故郷スリン県で、象と人が幸せに共存できるような新たな観光の基盤を作りたいと、クラウドファンディングに挑戦します。象たちが安心して暮らせる小屋、そして人がホームステイのできる家の建設を目指します!