台風22号の被災とコロナの苦境・逆境の中、
セブの観光復活のための準備を進めたい!

  • stars集まっている金額
    ¥363,000
    (目標 ¥1,000,000)
  • flag目標達成率
    36%
  • local_offer支援数
    67
  • watch_later残り時間
リターン一覧を見る お気に入りに追加する
helpこのプロジェクトは実行確約型です。
2021年12月16日から17日にかけてフィリピン中部を直撃した台風22号(ライ)によって観光地であるセブ島をはじめとした地域は壊滅的な被害を受けました。コロナ禍に加え、今回の台風で被災したセブ島の観光復活準備とセブ島の被災者の救済に力を貸してください!
    • このプロジェクトのポイント

    • フィリピンを直撃した台風22号でセブ島や周辺地域は壊滅的な被害を受けました。
      180万人以上が被災、死者は400人近くと報道されています。
      コロナ禍と台風被害で苦しむセブでの観光復活準備をご支援ください。ご支援の一部は地元の方の救済に使います。
    • フィリピンを直撃した台風22号について

    • 2021年12月16日から17日にかけてフィリピン中部を直撃した台風22号(ライ)によって観光地であるセブ島をはじめとした地域は壊滅的な被害を受け、水道や電気などのライフラインも断絶されており、180万人以上が被災し、死者は400人近くにのぼると報道されています。
    • プロジェクト起案者の状況

    • PTNトラベルはセブ島で10年以上、観光客の皆様のためにツアーを実施し、セブ島の魅力を伝えてきた会社です。

      コロナ禍により観光客は激減し、1年以上にわたる開店休業が続く中、今回の台風22号がフィリピンを直撃し、会社で所有しているツアー用の車両や船舶、そしてオフィス損壊という災害に見舞われました。施設の破損はもちろん、コロナという苦境を乗り越え、スタッフと共にフィリピンの観光市場復活のために準備をしていたところであったため、精神的な打撃も大きいのが正直なところです。
    • とはいえ落ち込んでばかりはいられません。支えてくれたスタッフやメンバーとともにフィリピンの観光復興という目標を掲げ、もう一度明るい光にむかっていくため、今回のクラウドファンディングを開始いたしました。

      皆様にセブにいらしていただき、この美しい島の魅力を十分に楽しんでいただけるきていただけるよう、準備を整えるための支援を頂けますと幸いです!

      皆様からいただくご支援は、観光復興準備の他、地元で被災している方々への支援としても使わせていただきます。
    • 台風22号による被害状況

    • *12月30日現在の状況です。「新着情報」にて随時更新いたします。

      ・水はスーパーなどでは売り切れ。ローカルの井戸水をシェアしている状況。
      ・通常価格でのガソリンの入手が困難なため移動が難しい。
      ・全ての物は現金支払いのみ。ATMは使える所が限られているので行列。
      ・食料品の流通が混乱しており、道端で売られているバナナやココナッツでなんとか凌いでいる人もいる。
      ・空港&ホテルの集まるマクタン島は治安安定の為、夜間外出禁止令(21:00~3:00)が出ている。
    • 支援金の使い道

    • ・PTNトラベルの観光用の船やスパ施設、オフィスの修理
      ・地元の被災された方々の支援

      1000円で10kgのお米が買えます。10kgのお米では4人家族で10日間分になります。
      皆様からの支援金は、大切に使わせていただきます。復旧活動の状況、地元の様子は活動報告でさせていただきます。

      (写真は台風が来る数日前のオフィスです。奥の窓が枠ごと吹き飛ばされました)
    • ご注意

    • ・システム手数料など諸経費を除く金額がPTNトラベルに届けられます。
      ・本プロジェクトは寄附控除にはなりません。
  • 新着情報

    現地の様子をお伝えします【1月16日時点】
    2022/01/17 11:28:07
    現地の様子をお伝えします【1月16日時点】
    電気: 台風から1ヶ月経ちますが、電力供給エリアが広がってはいるものの今でも一部のみ電力供給となっています。発電機での充電ステーションは徐々に人が少なくなっています。

    生活水: まだ水道会社からの供給はありません。生活水はデリバリートラックが運んでいます。街中の至る所に大きなタンクが設置され、そこに生活水を汲みに行きます。

    飲用水: スーパーマーケットでのペットボトルの水が徐々に増え始めました。

    通信: インターネットはまだありません。携帯電波エリアも少しづつ増えていますが、まだ弱い電波となっています。

    食料: スーパーマーケットなどへの品揃えは安定してきました。飲用水、袋麺、パンなども徐々に見かけるようになりました。クレジットカードが使えるスーパーが出てきました。

    ATM: マクタンでも徐々にATMが使えるようになりました。列も徐々に少なくなってはいますが、絶えず列はあります。

    ガソリン: 営業を再開したGSが増えたためガソリン価格は比較的安定しています。

    2022年1月16日 シノログフェスティバル
    セブではカトリックの中でもサントニーニョを信じる人が多く、シノログはセブの中でも一年でもっとも大きな神事祭りの一つです。このお祭りは毎年1月の第3日曜日に開催されるセブの人達にとって大切な神事となり、音楽に合わせた色とりどりの衣装でのダンスやパレードなど大きな盛り上がりを見せますが、今年のシノログは去年に続きパンデミックの影響でバーチャルでの開催となりパレードなどは中止となりました。
    ※サントニーニョは幼きキリストのことで、約500年前世界一周を遂げたマゼランが当時のセブの女王にサントニーニョ像を贈ったことから始まっています。

    現地の様子をお伝えします【1月9日時点】
    2022/01/11 09:34:11
    現地の様子をお伝えします【1月9日時点】
    電気:
    島内のほんの一部のみ電力供給が始まりました。それ以外は発電機などを使用。
    有料、無料は場所によりますが、発電機での充電ステーションがあります。

    生活水:
    まだ水道会社からの供給はありません。生活水はデリバリートラックが運んでいます。
    街中の至る所に大きなタンクが設置され、そこに生活水を汲みに行きます。

    飲用水:
    ペットボトルなどスーパーなどではまだ少なく入荷次第売り切れます。
    生活水を濾過した飲用水の販売が始まりましたが高くなっています。
    (以前15ペソのガロンボトルが現在40ペソ)

    通信:
    インターネットは接続できません。
    携帯電波も少しづつ電波のある場合も増えてはきましたが、
    アンテナは立つもののほとんど繋がらない状態です。
    LINEなどのアプリもメッセージの送受信ができません。

    食料:
    スーパーなどへの品揃えは安定してきました。
    しかし、飲用水、袋麺、パンなどはほとんどありません。
    電気を使う冷蔵システムの問題で、肉、野菜類は品薄状態です。
    また、スーパーでは今でもクレジットカードは使えず現金のみです。

    レストランは数軒が営業再開しました。
    ローカル食堂(カレンデリア)も開いてきています。
    多くのお店では台風で折れた木で火を起こして調理しています。

    ATM:
    徐々にATMが使えるようになりましたが、まだ絶えず列があります。

    ガソリン:
    営業を再開したGSが増えました。
    一部壊滅的なダメージのGSを除き8割程度は復旧しました。
    そのためガソリン価格は比較的安定しています。

    街の様子:
    幹線道路の倒れた電柱や木はほぼ撤去されました。
    しかし、撤去のみで新たな電柱の設置は間に合っていなく
    電線が道路上に繋がった状態で無造作に置かれているところが多くあります。
    幹線道路からローカルエリアに入ると電柱は倒れたままや傾いたままです。
    切り倒した木や台風ゴミなどの回収も始まっていますが、
    追いついていなく道路脇に積まれているところが多くあります。

    電力も含め復旧には2ヶ月は掛かるだろうと言われています。
    多くのローカルが家や屋根を失いましたが、自分達で仮の修理をし、
    電気や水がなくても笑顔を絶やさず明るく健気に助け合って分け合って生きています。

    現地の様子をお伝えします【1月5日時点】
    2022/01/05 16:01:24
    現地の様子をお伝えします【1月5日時点】
    セブ島の台風直撃から明日で3週間が経ちます。
    ライフラインは、まだ復旧せず。
    電気は一部のみ復旧。少ないですが、いくつか充電ステーションがあります。いつもすごい人だかりです。

    携帯電波もまだ復旧せず。
    場所により電波受信出来るところはありますが、電波が弱いのでインターネット接続はほとんど出来ない状況。
    復旧工事の車両なども見かけないので、時間がかかりそうです。

    水道会社からの水はまだ無く水道が通っていない。
    至る所にウォーターステーションが設置され、生活用水はデリバリートラックが運んでいます。
    飲み水はスーパーなどでペットボトルが販売されているが数が限られています。

    スーパーマーケットは、一部の店舗のみ営業時間を限定してオープンしてます。
    まだペットボトルの水、袋麺などの乾燥麺、パンなどはありません。
    野菜類はたくさんありますが、肉類はかなり少ないです。
    また、クレジットカードは使えず現金のみです。
    現金もATMが稼働していなく、セブ市内まで行かないとお金が引き出せません。

    幹線道路の倒れた電柱や木はほぼ撤去され、ゴミや切り倒した木などの撤去も始まっていますが、
    まだまだ路肩に積み上げられています。ローカルエリアの撤去作業は進んでいません。

    以上、1月5日のレポートとなります。

  • コメント
    • Toshio Watanabe
      コロナ禍において大変厳しい状況下、更に大変な被害を受けられ心を痛めております。 私も同じく東南アジアで旅行業を営んでおりますが、観光客が戻って来る日までお互いなんとか乗り切って、明るい日を迎えましょう! 僅かではございますが、ご支援させていただきます。 皆様頑張ってください!!!
      • PTNトラベル
        スペースバス 渡辺様 この度は当プロジェクトにご支援いただき誠にありがとうございます。 ご協力いただいたご厚意にスタッフ一同、深く感謝しております。 厳しい状況が続いていますが、復旧・復興に向けて活動していきます。 観光が戻る日を信じて、コロナ禍を乗り越えましょう! PTNトラベル 海老原

起案者のプロフィール

PTNトラベル

PTNトラベル

PTNトラベルでは10年以上の実績と信頼を得ている旅行会社です。 セブ島での観光を最高な思い出になるようにお客様のことを第一に考え、日本語でのサポートや様々なサービスを提供しています。
リターン
1,000円寄付コース
¥1,000 (税込)
残り 73
ご提供予定時期:2022年4月末ごろ
3,000円寄付コース
¥3,000 (税込)
残り 88
ご提供予定時期:2022年4月末ごろ
5,000円寄付コース
¥5,000 (税込)
残り 96
ご提供予定時期:2022年4月末ごろ
10,000円寄付コース
¥10,000 (税込)
残り 78
ご提供予定時期:2022年4月末ごろ
30,000円寄付コース
¥30,000 (税込)
残り 98
ご提供予定時期:2022年4月末ごろ
FAQ・ヘルプ

リターン一覧

  • ご支援いただいた方へはお礼メールで活動報告をさせていただきます。
    支援する
    • 価格(税込)
      ¥1,000
    • 残り
      73
    ご提供予定時期:2022年4月末ごろ
  • ご支援いただいた方へはお礼メールで活動報告をさせていただきます。
    支援する
    • 価格(税込)
      ¥3,000
    • 残り
      88
    ご提供予定時期:2022年4月末ごろ
  • ご支援いただいた方へはお礼メールで活動報告をさせていただきます。
    支援する
    • 価格(税込)
      ¥5,000
    • 残り
      96
    ご提供予定時期:2022年4月末ごろ
  • ご支援いただいた方へはお礼メールで活動報告をさせていただきます。
    支援する
    • 価格(税込)
      ¥10,000
    • 残り
      78
    ご提供予定時期:2022年4月末ごろ
  • ご支援いただいた方へはお礼メールで活動報告をさせていただきます。
    支援する
    • 価格(税込)
      ¥30,000
    • 残り
      98
    ご提供予定時期:2022年4月末ごろ