【ラオスの貧困問題】子どもたちの未来のために日本語教育を!先生のための宿舎と交流の場を作りたい!

このプロジェクトは2021/07/11に終了いたしました。温かいご支援、ありがとうございました。
クラウドファンディングプロジェクト:【ラオスの貧困問題】子どもたちの未来のために日本語教育を!先生のための宿舎と交流の場を作りたい!
Success
  • stars集まっている金額
    ¥1,860,000
    (目標 ¥1,500,000)
  • flag目標達成率
    124%
  • local_offer支援数
    121
  • watch_later残り時間
    終了しました
お気に入りに追加する
helpこのプロジェクトは目標達成型です。
ラオス・ナムアン村にて子供たちの未来を考え、私たちは2017年より教育支援を行っています。学校建設や教科書の整備など教育基盤を整えてきました。今回は、ラオスの子どもだちに日本語教育の機会を届けるため、クラウドファンディングで支援を募り、日本語教師の宿舎および村人の交流の場をつくることにしました。ラオスでは日本語を話せると就職のチャンスが広がるため、子供達を貧困から救うことにつながります。ラオスと日本の友好関係の促進にもつながります。ラオスの子どもたちの未来を私たちと一緒に見届けていきませんか。
    • プロジェクト成立、ご支援へのお礼【2021年7月1日】

    • この度はラオス・ナムアン村の子供たちの未来のために、今回のプロジェクトにご賛同、ご支援を頂き、誠にありがとうございます。

      皆さまの温かい応援のおかげで、目標の150万円に達することができました! 今回のプロジェクト実現のために、大切に使わせて頂きます。 子どもたちが支援いただいた皆さまと、いつか日本語で話せる日が来ることを願い、引き続きプロジェクトを継続して参ります。

      今後も子供たちの成長を一緒に見守っていただければ幸いです。 あと数日ございますが、皆さまからのご支援を引き続きよろしくお願いいたします。
    • はじめに・ご挨拶

    • はじめまして!
      私はラオス・ベトナム・カンボジア・ミャンマーの4か国で日本人観光客への安全・安心の旅行を手配する旅行会社におります、ポーンパイと申します。弊社は1996年の創業以来、年間受入客数は6万6千名を誇り、お客様にアジアの魅力をお伝えしてまいりました。

      私たちは、25年間インドシナ半島で仕事をさせていただいている恩返しとして、支援の届かない地域での活動を行っており、ベトナムでは水害被害救済と少数民族村への古着寄付や枯葉剤被害者への救済事業、カンボジアでは井戸の寄付を実施してきました。
    • ラオス・ナムアン村との出会い

    • 次に取り組んだのが世界最貧国の一つ、ラオスの支援です。
      国やNGO、NPO、そしてボランティアがラオス国内で、様々な支援プロジェクトを実施しているのですが、支援の手が届かない地域がまだまだ存在するのが実情です。

      私たちはラオス政府とも連携し、最も重要と考えている子どもたちの教育、特に小学校(初等教育)が十分ではない地域を調査したところ、タイ国境にほど近い奥地の農村であるナムアン村と、そこで暮らす村人たちと出会いました。

      村は、首都ヴィエンチャンから車で4時間半。車1台がやっと通れるような細い橋をいくつも渡ってたどり着くような僻地にあります。とにかく自然が豊かな場所で、特に、雨季は田んぼが一面に広がり、高い山が連なるのどかな風景が広がります。

      一方でこの地域では最低限の義務教育(小学校卒業)を修了できても、働き口はなく多くの人は出稼ぎに出るほかない状況。生活のすぐそばに人身売買の危険や、過酷なプランテーション労働があるという、負の連鎖、悪循環が繰り返されていました。

      貧しさが生み出す負の連鎖が繰り返される実情を見て、すぐにこの村を支援しようと決めました。
    • これまでのプロジェクトについて

    • 2017年から、私たちはまず子どもたちが落ち着いて学習できる環境を整え、将来の可能性を広げられるような長期に渡るプログラムに着手し、現在もなお続けている状況です。

      今回は第4期となりますが、これまでの第1~第3期で私たちが実施してきたことをご紹介させてください。

      第1期:小学校の新校舎建設
      暗く蒸し暑い旧校舎(左)から広く風通しの良い新校舎(右)へ。子供達の学びの環境を改善できました。
    • 第2期:トイレと手洗い場の建設
      子供達の衛生環境を改善しました。
    • 第3期:図書館の修繕
      村の皆さんと一緒に図書館を修繕しました。明るい壁の色もみんなで決めました。写真は修繕後の図書館でのセレモニーの様子です。
    • 子供たち、父兄、先生を修学旅行へご招待
      2019年7月にはナムアン村の子供たち、父兄、先生を日帰りのビエンチャン遠足に招待しました。首都の光景に目をみはる子供たち。多くの刺激を受け、とても楽しそうでした。
    • 今回のプロジェクトについて/実現させたいこと

    • 日本の子どもたちのように

    • これまでで子どもたちはキレイな校舎で、キレイな水とともに学べる環境が整ってきました。
      一方で、学校が終わったあとの時間はというと、日本の子どもたちのように習い事やスポーツなどの課外活動など望むことはできず、自然と農作業のお手伝いというスタイルが定着しています。

      私たちは、子どもたちの将来のためには基礎教育だけでは不十分で、海外とのつながりが重要、特にラオス国内では英語や中国語と比べて極端に少ない、日本や日本語に明るいことが農村部の子どもたちにとって大きな可能性をもたらすものと考えました。

      また、私自身も日本と接するなかで、日本人特有ともいえる先生・親・他人を敬う気持ち、協調性、そして社会性や規律は、幼少期からの親や家族のしつけや地域の見守りといった、教育外からもたらされていると感じています。

      そこで我々は子どもたちに課外活動として、日本語を通して日本に触れる環境を村に提供したいと思っています。
    • 今回実現したいこと

    • 今回第4期になるプロジェクトで実現させたいのは、この3つです。

      ・日本語教育普及のために必要な日本語の先生やボランティアの方々が村に来て、生活してもらうための施設整備
      ・村の人々に、日本について、また日本語教育の重要性について伝えるための施設整備
      ・村にまだ一つしかない井戸、水の浄化器の設置

      この施設とインフラを拠点として、本格的な日本との交流や日本語教育の普及を進めていきます。
    • プロジェクトの先にあるもの

    • 子どもたちが伸び伸びとこの環境で過ごした先に、私たちはこんな未来を描いています。

      ・子どもたちが村やラオスを超えて、広い視野から多くの可能性に気づく。
      ・教養、日本文化や日本語を通して、将来の選択肢の幅が広がる。
      ・日本への技能研修生の派遣の機会を得る。
      ・日本からの農業開発進出が増える。
      ・彼らが観光ガイドや技術者となり、彼らを介してラオス経済の発展や日本から訪れる方が増えることで、日本との交流が深まる。


      彼らが日本との懸け橋を担ってくれたら、こんなに嬉しいことはありません。
    • ラオスの観光について

    • ここで少しだけ、私たちが関わりが深い「観光業」「観光ガイド」の状況について、ご紹介させてください。

      ラオスの観光ガイドに関しては、ニーズがあるにも関わらず人材が不足しています。
      ガイドになったことで得られる収入は、ほかの業種より高く設定されているため、ナムアン村の村人たちへの安定的な雇用を生み出せる可能性を秘めています。

      例えば、ラオスの公務員の月収が約2万円である一方、外国語を生かせる企業に就職すると月4万、5万円の収入です。さらに、日本語ガイドとなると1度の案内で7千円から1万5千円になります。

      観光立国として認知のあるタイやベトナム、カンボジアに比べると、ラオスはまだまだ知られておらず、日本語ガイドが不足しています。そのため、日本語ガイドは貴重な存在となっています。
    • ガイドとして勤務経験のあるスタッフは、ボランティア先で日本人の方と関わることがあり、通訳者がかっこよく見え、日本語が美しく感じたことがきっかけで日本語の勉強を始めたといいます。

      「小さな学校でバイトしながら日本語を勉強したり、日本での6ヶ月の研修をしたのち、最終的にガイドになりました。」そんなスタッフにガイドになって良かったことを聞きました。

      「ガイドになって楽しかったことは、働きながら勉強ができること。例えば、分からない日本語をお客様に教えてもらい、次の案内時に生かすことができます。お客様とのやり取りの中で目の前に問題があるときどうやって解決するかなど、日々学ぶことでたくさんでした。日本語が話せるようになって可能性が広がりましたね。」

      ラオスの観光業を発展させるためにも、村の子どもたちが負の貧困ループから抜け出すためにも、支援する意義のあることです。
      子どもたちにとって夢が広がると思いませんか。
    • 資金の使い道について

    • 皆様からご支援いただいた資金の使い道は、
      ・日本語の先生、ボタンティアの方のための宿舎、および村の人々との交流施設の建築:13,000USD(約140万円)
      ・新しい井戸の増設と水浄化器の設置:1,500USD(約16万円)
      ・学校施設の修繕:1,000USD(約10万円)
      に利用させていただきます。

      私たちは、第1期から第4期まで支援を行ってきたように、継続的なプロジェクトを今後も実施していきます。
    • 子どもたちが継続して勉強のできる環境づくりを教育省と連携しながら行っていく、その第一歩として本プロジェクトがあります。村の子どもたちに、義務教育を終わった後も中学校、高等学校、大学、留学、研修生育成事業など、多くの選択肢を作っていきたいと私たちは考えています。子供達だけでなく大人の日曜学校の開催や、日本語4級5級、3級などを目指したい青年への支援もしていきたいです。

      温かいご支援をいただいた皆様には、子供たちの今後の成長の様子を見届けていただければと思います。伴走者となって一緒に子どもたちの未来を支えていきませんか。

      コロナ収束後、日本の方々にボランティアに来てもらったり、ナムアン村ツアーに参加してもらったり、ラオスの観光ツアーも企画予定です。今回ご協力いただいた方への恩返しも込めてツアーを企画し、将来ラオスの子どもたちとの交流の場を作れたら、と考えております。
    • 最後に

    • 私たちは、子どもたちの将来のため、ナムアン村の村長をはじめとする村の人々や教育省の職員の方と一緒に今回のプロジェクトを進めています。
    • ナムアン村の村長

      村長からのコメント
      この度は、ナムアン村の子ども達の為に、応援、ご支援を頂き本当にありがとうございます。
      これまでも皆様から暖かいご支援で、小学校の新校舎、トイレ、手洗い場の建設、図書館の修繕などをすることが出来て、子供たちはもちろん、保護者や村の人たちもとても喜んでおります。
      今回のプロジェクトで先生の宿舎ができれば、子供たちのさらなる未来が開けると信じています。
      いつか皆様と直接お会いできること、楽しみにしております。
      是非ナムアン村に遊びに来て下さい。
    • 弊社代表(左)と教育省の方(右)
    • ぜひ皆様の温かいご支援により、ラオスの小さな村の小さな子どもたちの未来に力添えいただきたいと考えています。本プロジェクトは、一時的ではなく今後も続いていく活動です。

      そのため、ご支援いただいた皆様には、「子どもたちへの支援を行う」というよりも、「子どもたちの成長を一緒に見守っていただく」という想いをもっていただけると思います。

      ナムアン村の子どもたちの選択肢を広げるため、ラオスの観光業を盛り上げていくために、将来ナムアン村が、ラオスと日本の友好の懸け橋になっていくことを願っております。
      そして、コロナが収束しましたら、ラオス・ナムアン村で皆様にお会いできることを楽しみにしています!

      よろしくお願いいたします!
  • 新着情報

    プロジェクトご支援の御礼
    2021/07/12 11:13:33
    プロジェクトご支援の御礼
    ラオス・ナムアン村の教育支援のクラウドファンディングが終了致しました。

    この度はラオス・ナムアン村の子供たちの未来のために、今回のプロジェクトにご賛同、ご支援を頂き誠にありがとうございます。

    皆様からのご協力、ご支援で目標金額(1,500,000円)を上回る1,860,000円(支援数121)を達成する事が出来ました。
    心より感謝申し上げます。
    今回のプロジェクト実現のために、大切に使わせて頂きます。

    今後はプロジェクトの進捗状況、街や学校、子供たちの様子などもこちらからお知らせしてまいります。

    今後も子供たちの成長を一緒に見守っていただければ幸いです。

    そして、将来ナムアン村に是非お越しください。村の人たち、子供たちは皆様とお会いできることを楽しみにしています。(コープ・チャイ・ライライ:ありがとうございます)

    ナムアン村の子供たちを修学旅行に招待しました
    2021/06/21 16:08:12
    ナムアン村の子供たちを修学旅行に招待しました
    日本では子供のころに修学旅行や遠足に行くのは普通のことですが、ラオスではあまり見かけません。そこで、私達はナムアン村の子供たち、父兄、先生を日帰りのビエンチャン遠足に招待しました。

    2019年7月にナムアン村から首都ビエンチャンへ遠足に行きました。
    初めての遠足、子供たちはとても楽しそうでした。ナムアン村とは違う首都の光景に多くの刺激を受けたことでしょう。
    今はコロナでこのような活動は難しいですが、状況が改善したらまた修学旅行を企画していこうと思います。

    ラオスの観光ご紹介!「クァンシーの滝」
    2021/06/03 19:24:16
    ラオスの観光ご紹介!「クァンシーの滝」
    ラオスについて、もっと皆さんに知っていただきたくラオスの観光情報を続けてご紹介します。
    ラオスの一大観光スポット、世界遺産ルアンパバーンへ行くなら絶対に訪れておきたい絶景の一つに「クァンシーの滝」があります。
    森のオアシスでもあり、太陽の光が差し込むと滝壺の中の水がエメラルドグリーンに輝きます。美しく神秘的なラオスの自然を感じられますよ。

    ラオスの観光ご紹介!「ワット・シェントーン」
    2021/06/02 19:37:29
    ラオスの観光ご紹介!「ワット・シェントーン」
    皆様にラオスについてもっと知っていただきたく、オススメの観光地情報もここで少しずつご紹介します。

    ルアンパバーンで1番美しい寺院とも言われ、乙女心をくすぐるかわいい寺院といえば「ワット・シェントーン」です。

    ゆるやかなカーブを描く屋根が特徴的な本堂には、壁に繊細な装飾が施され、まるでおとぎ話に出てくるような外観。ルアンパバーンに行かれたら必ずご覧いただきたいです!

    ラオスへの恩返しプロジェクト1回目
    2021/05/24 18:26:39
    ラオスへの恩返しプロジェクト1回目
    2016年12月に現地を視察すると小学校は掘立小屋のようで、蒸し暑く、水道はなく、トイレも村の集会所にひとつあるだけでした。
    1回目のプロジェクトとして、2017年1月から住民や行政と協力しながら進めた結果、2017年9月に小学校の新校舎を完成いたしました。
    ナムアン村の方々は、一緒に校舎の色を塗ったり、建設を手伝ったり、一丸となって動いてくれました。

    ご支援ありがとうございます!【ラオスへの恩返しプロジェクトの始まり】
    2021/05/24 18:23:22
    ご支援ありがとうございます!【ラオスへの恩返しプロジェクトの始まり】
    皆様からたくさんのご支援をいただきまして、誠にありがとうございます。引き続き頑張ります!

    こちらの新着情報でこれまでの経緯を少しづつご紹介させてください。

    私たちは、25年間インドシナ半島で仕事をさせて頂いている恩返しとして、国連が定める世界最貧国の一つであるラオスへの恩返しプロジェクトを2017年より始めております。
    支援が届かない地域に小学校を建てたい!現地スタッフが色々な地域を調査していたところ、「ナムアン村」に住む人たちと出会いました。この写真はプロジェクト開始当初のものです。

  • コメント
    • Christopher McHale
      子供のころから日本語を勉強する機会に恵まれた「一外国人」として、当プロジェクトに強く引かれました。人生のあらゆる場面で救ってくれた・応援してくれた数えきれないほどの「日本人の先生」を思い返し、今ではどれほど日本語を話せることによって人生が影響されているかを考えると、いくらでもこの子供たちに与えたい気持ちになります。このプロジェクトが成立すれば、彼らへの日本語教育は彼らだけのためではなく、日本の将来のためでもあると、強い縁がそこで築かれると思っています。Zenesさん、当プロジェクトの成功、そして今後もこのようなプロジェクトのホスティング、よろしくお願いします。
      • サザンブリーズジョイントストックカンパニー|ポーンパイ
        クリストファー様 この度はあたたかい応援・ご支援を頂き誠にありがとうございます。 子供の頃に外国語を学ぶことにより、たくさんの夢を持つことが可能になります。 ラオスは国連に後発開発途上国(LDC)に指定されておりますが、ナムアン村の子供達が日本語を学び将来、ラオスと日本を結び活躍しLDCから脱却出来るよう私達は引き続きプロジェクトの達成を願い続け活動を行っていきます。 子供達が支援いただいた皆様といつか日本語で話せる日が来ることを願い、 引き続きプロジェクトを継続して参ります。 サザンブリーズ株式会社
    • 中田秀貴
      ラオスにはまだ、旅行でも訪れたことがないですが、ラオス・ナムアン村の子供の日本語教育の場を提供する プロジェクトに共感しました。 ベトナムホーチミンで日本語学校を創設された先生との出会いから展示会初出展につながった体験と 日本在住の親友夫婦のベトナム チャビン省(Trà Vinh)での日本語学校の開設の夢があるからです。 私は心の休養ができる「ウェルネスツーリズム」や「ヘルスツーリズム」のリゾート地の新規開拓を構想中です。将来はラオスのツアーも開発したいと思っています。 中田秀貴(REHAt.jp) https://www.instagram.com/rehat.jp/
      • サザンブリーズジョイントストックカンパニー|ポーンパイ
        中田様 この度はあたたかい応援・ご支援を頂き誠にありがとうございます。 ご友人のチャビン省での日本語学校の開設が実現出来るようお祈り申し上げます。 今回のプロジェクトが実現し近い将来、ベトナム-ラオスの生徒たちが日本語での交流が出来たら 両国の子供達にとって素敵な目標になるのでは無いでしょうか。 また、ラオスには豊かな自然があり都市化が進んでいないため、 ウェルネスツーリズムやヘルスツーリズムの目的地としては最適かもしれません。 私達は旅行会社ですので、少しでも多くの方がラオスにお越し頂きアクセスが不便ではありますが、 ナムアン村にお越し頂き是非、子供達と交流されることを願っております。 引き続き応援、支援お願いいたいます。 サザンブリーズ株式会社
    • ゴーディー友子
      ラオスは過去に2回訪れたことがあり、私の大好きな国の一つです。東南アジアの国々をたくさん周りましたが、特にラオスは優しく親切な方が多かった記憶があります。今回初めてこのようなプロジェクトがあることを知りとても興味を持ちました。次回ラオスに行く際は「ナムアン村」を訪れ子供たちと直接交流したいです。
      • サザンブリーズジョイントストックカンパニー|ポーンパイ
        ゴーディー友子様 この度はあたたかい応援・ご支援を頂き誠にありがとうございます。ラオスに2回ご訪問され、ラオスが大好きな国の一つと思ってくださっていることを大変嬉しく思います。 ナムアン村のプロジェクトは今後も続いていく活動ですので、今後も子供たちの成長を一緒に見守っていただければ幸いです。 そして、次回ラオスをご訪問される際には是非ナムアン村の子供たちに会いに来てください。子供たちもお会いできることを楽しみにしています。サザンブリーズ株式会社
    • 凛々子
      ラオスの子供たちを「教育」それも「日本語を勉強してもらうこと」をとおして貧困から救おう!という目的が本当に素晴らしいと共感します。世界に今やクラウドファンディングが溢れている中でも、このような志をお持ちになり、しかも一過性ではなく継続して支援を続けていることが本当に善行だと思います。現地にも伺いたいと思います。定期的に日本語の修得具合なども確認できるようなラオスの子供の成長を垣間見れるものがあれば良いですね。応援をこれからも続けたいです。どうぞ100%達成に向けて頑張ってください。
      • サザンブリーズジョイントストックカンパニー|ポーンパイ
        凛々子さま この度はあたたかい応援・ご支援を頂き誠にありがとうございます。 小学校の校舎建築支援や寄付を行うだけではなく、村人たち自身が自分・家族・村人のためという意識を持ち、 貧困から抜け出すことを大前提としプロジェクトを進めて参り、小学校の校舎建築には建築業者には発注せず、自分たちの手で校舎を作り上げました。 子供達が外国語を学び将来、日本を始めとする外国と関わる仕事に就き少しでも多くの給与を得て貧困から抜け出せることを願い、今回の語学支援教育のプロジェクトを開始しました。 直ぐに結果が出るプロジェクトでは御座いませんが、継続することにより一歩一歩貧困から抜け出して多くの夢を持てるよう引き続き頑張って参ります。 引き続き温かい応援、支援をお願い致します。 サザンブリーズ株式会社
    • 凛々子
      サザンブリーズ株式会社とご関係者様、関わるべての方々に 「金額を遥かに超えての達成!誠におめでとうございます!!」 支援者も嬉しいです。今か、いまかと私の周りの方々と想っておりました。 ‘叡智と勇気ある素晴らしい活動‘を引き続きご支援させていただきます。 現地からのレポートなど、楽しみにしております!ここからの更なるスタートを。

起案者のプロフィール

サザンブリーズジョイントストックカンパニー|ポーンパイ

サザンブリーズジョイントストックカンパニー|ポーンパイ

年間受入客数6万6千名インドシナ最大の日系旅行会社のポーンパイです。 弊社は1996年創業以来、25年間、インドシナ半島で仕事をさせて頂いている恩返しとして、国連が定める世界最貧国の一つにとされているラオスへの恩返しプロジェクトを始めました。 その中で支援が届かない地域に小学校を建てることが決まり、現地スタッフが、小学校の建設が必要な地域を調査したところ「ナムアン村」に住む人たちと出会いました。 農村部のナムアン村では義務教育を修了出来ても、就職先がなく畑仕事や出稼ぎするしかなく、貧困の負の連鎖から抜け出すことが出来ず、人身売買やプランテーションでの児童労働が大きな問題となっており、この負の連鎖を断ち切るには教育しかないと強く思い少しでも外国語を習得してより良い生活環境を得られるよう日本語教育の支援プロジェクトを立ち上げました。
リターン
みなさんの力の結集が大きな力に!お礼状コース(3,000円)
¥3,000 (税込/送料込)
残り 80
詳細を見る
ご提供予定時期:2021年9月末までにお届け予定
【ご好評につき追加】ラオスからの贈り物・コーヒーコース(お礼状+ラオス名産・有機栽培コーヒー)
¥5,000 (税込/送料込)
残り 8
詳細を見る
ご提供予定時期:2021年9月末までにお届け予定
ラオスからの贈り物・シルクコース(お礼状+ラオス伝統工芸品シルク織物)
¥20,000 (税込/送料込)
残り 39
詳細を見る
ご提供予定時期:2021年9月末までにお届け予定
ラオスからの贈り物(ラオスコーヒー5箱・シルク織物・お礼状)&名前プレートコース
¥50,000 (税込/送料込)
残り 25
詳細を見る
ご提供予定時期:2021年9月末までにお届け予定、プレートは建物完成後
ラオスからの贈り物(ラオスコーヒー5箱・シルク織物・名前プレート・ムービー・お礼状)&村長からの感謝状コース
¥100,000 (税込/送料込)
残り 15
詳細を見る
ご提供予定時期:2021年9月末までに予定、プレートとムービーは建物完成後
みなさんの力の結集が大きな力に!お礼状コース(5,000円)
¥5,000 (税込/送料込)
残り 100
詳細を見る
ご提供予定時期:2021年9月末までにお届け予定
みなさんの力の結集が大きな力に!お礼状コース(10,000円)
¥10,000 (税込/送料込)
残り 87
詳細を見る
ご提供予定時期:2021年9月末までにお届け予定
FAQ・ヘルプ

リターン一覧